町金のデメリット

町金のデメリット

きちんとした営業方法をしているなら町金で利用しても良いように感じますが、町金には様々なデメリットがあるため、多くの方は大手金融業者を選ぶ傾向があるようです。大手で断られたら最終手段として町金は頼りになるのですが、その代わり幾つかのデメリットがあることは知っておくようにしましょう。

 

審査が長い
大手消費者金融の多くはネット申し込みに対応しており、サービス時間も長く設定されています。そのため土日祝日でも対応してくれ、夜間でも借り入れが可能です。なかには申し込んだその日に融資を受け取ることができる業者もあります。

 

その一方で町金と呼ばれる中小企業は審査がやや長めです。ネット申し込みに対応していない場合もあるため当然でしょう。更に個人の信用情報をしっかりとチェックするため、審査時間がどうしても長くなりがちです。大手で断られた人も対象としており、それぞれの事情や現在の状況なども把握した上で貸付するからです。

 

安心感が違う
安心感でいえば大手金融業者に勝てるものはないでしょう。人は心理的に知名度が高く多くの人が利用している業者は安心が高いと感じてしまうものです。町金は名前が知られていないことも多く、どうしても信用面で低くなってしまうのです。