町金は総量規制に影響される

町金は総量規制に影響される

町金は貸金業法に基づき営業しているため、総量規制の対象となります。総量規制とは年収に応じた貸付額の制限があったり、複数の借入で借り入れ金額が調節されたりします。そのため一度に貸付できる金額が決まっているのが特徴です。

 

年収の3分の1まで
総量規制によると借り入れ金額は年収の3分の1までしか利用することができません。年収が100万円ならその3分の1となるわけです。この金額なら返済に困ったり、自転車操業をして破産までいくことはないと考えられています。利用者にとっても借りすぎを防ぐことができる基準です。

 

もしこの金額より多く借りたいと思ったなら、総量規制に影響されない銀行で借りるしかありません。銀行は銀行法に基づいて営業しているため、年収の3分の1の基準はありません。教育費や住宅ローンなど高額な融資を利用する場合は銀行のほうが適しています。

 

複数の業者で借りている場合
更に複数の業者で借入をしている場合、それが総量規制に影響されている業者なら全ての借り入れ金額が考慮されます。既に他社で年収の3分の1の借り入れがあれば、ほかの業者では断られてしまいます。

 

町金で借りる場合は他社の借り入れ状況も調べられているため注意しましょう。